Logo Loading

ユースケース2 - 高齢者を見守るセキュリティシステム(スペイン、サンタンデール市)

概要

Worldline社は、ユースケース2としてシニアケアを提案しています。このIoTプラットフォームは、遠隔援助企業が、革新的で安全なプラットフォームを使用して、高齢化するネットワーク遠隔援助利用者の健康状態を監視することで、現行のサービスをデジタル化することを可能にします。また、この目的のために開発されたM-Secコンポーネントにより、エンド・ツー・エンドのアプローチで導入されたホームセンサーから収集されたすべての活動データのセキュリティと整合性が保証されます。

ベッド占有センサー、ドア/窓開閉センサー、動作センサーなどのセンサーから収集したデータに基づいて、緊急事態やユーザーの異常な行動を検知するためのルールを事前に設定しておくことで、遠隔支援企業は警告や緊急事態が発生した場合に、即座に対応することができます。

課題

近年、医療、社会、経済の進歩による平均寿命の延長、家族との絆の希薄化、一人暮らしの増加などにより、人口が急速に増加しており、社会サービスに対する需要も高まっています。また、コロナウィルスの危機によって生じたリスクにより、革新的な福祉ソリューションやサービスを再考し、現在のモデルに代わるモデルを見つけることが必要となっています。Worldline社は、加齢、虚弱、孤独、依存などの要因で危険にさらされている人々の安全と平穏を保証するために、シニアケアを提案しています。

今、IoTアプリケーションで直面しているもう一つの課題は、その適用性と拡張性の主な問題である、収集したデータのセキュリティと整合性に関係しています。シニアケアのようなソリューションの場合、配置されたセンサーが継続的に個人情報を収集するため、悪意のある第三者がそれを利用して追跡し、悪意のある行動をとる可能性があります。しかし、M-Secのおかげで、遠隔支援企業による誤った行動につながる外部からの攻撃を防ぐためのセキュリティメカニズムを追加することで、GDPRに準拠することが可能になりました。

(画像を左クリックすると、見やすく表示されます)

M-Secのアプローチ

M-Secはさまざまなセンサーやメーカーからデータを受け取ることができるプロトコルを使用することで、データの収集と転送を相互運用性と拡張性のある方法で行うことができます。また、許可された人だけが生データを読み取ったり、IoTデバイスと対話したりすることができるアクセスコントロールメカニズムも含まれています。

ストレージ層については、ブロックチェーン技術を採用しています。ブロックチェーンは、すべてのデータがリンク、暗号化され、分散されたブロックの連鎖(分散型データベース)で、仲介者を必要とせず安全に取引を行うことができます。ブロックチェーンに登録されたすべての情報は、消去や変更ができません。この不変性という特徴のおかげで、監査プロセスを迅速かつ効率的な手順に変えることができるのです。従来の暗号化されたデータ保存システムに、オフチェーン(ブロックチェーンの外側)で行われるセキュリティの層を追加したいとします。この場合、M-Secでは、文字列から生成された単なる英数字であるハッシュを生成し、それをオンチェーン(ブロックチェーン自体)のトランザクションとして自動的に保存することができます。データを操作しようとすると、結果として得られるハッシュが変化するため、データが変更されたかどうかをいつでも確認することができます。

さらに、アプリケーションレベルでは、M-Secは、主にアクセス権、修正の権利、消去の権利、処理を制限する権利、データポータビリティの権利などの機能を含む、データ主体の権利を遵守するためのメカニズムも実現しています。

最後に、匿名化されたデータ(主にセンサーからの生の活動データ)は、M-Secマーケットプレイスに転送されます。マーケットプレイスでは、活動データの取得に関心のあるステークホルダーが、ブロックチェーン上で実行されるスマートコントラクトの形をした暗号通貨であるM-Secトークンを使ってデータを購入することができます。展開されたスマートコントラクトは相互に通信し、購入者の十分な資金を確認し、購入者の残高からデータ所有者の残高に資金を転送することで購入を完了します。

実証実験の実施

この実証は、Atenzia社(25年以上にわたって高齢者の予防とケアのサービスを提供しているテレアシスタンス会社)のユーザーネットワークから5名の参加者を対象としました。各参加者には、ゲートウェイ、ベッド占有センサー、人感センサー、ドア・窓開閉センサー、スマートプラグを含むホームセンサーキットが配布されました。実証は2020年9月に開始され、2021年8月/9月に終了します。この間、サンタンデール市とAtenzia社の支援を受けたWorldline社は、M-Secが提供する安全ななインフラを検証するために、実装されたフレームの機能的および非機能的な要件を評価してきました。

(画像を左クリックすると、見やすく表示されます)

主な成果と次のステップ

今回の実証実験の主な結果は以下の通りです。

Atenzia社は、実証を実施したテレアシスタンス会社として、提供されたソリューションの使いやすさや使用感、ユーザーの自宅へのホームセンサーの設置のしやすさに満足しています。彼らは、シニアケアが問題解決を手助けしてくれたことに満足しており、現在もこのシステムを安心して使用しています。ユーザーは、シニアケアシステムが提供する情報の信頼性に満足しており、また、このシステムとM-Secプロジェクトが、データ保護の観点から、現在のセキュリティ上の懸念に対する不安を軽減し、ユーザーの信頼を高めるのに役立つと考えています。

実証の参加者については、自宅に新しいセンサーが設置されたことで、より安全になったと感じていることが報告されましたが、そのうちの1人は、新しいセンサーがあってもなくても同じ程度の安全性を感じていると報告しています。プライバシーの面では、全員が、プライバシーを侵害されたと感じたことはないと回答しています。さらに、センサーの設置によって不便を感じたこともありませんでした。

問い合わせ先

Vanessa Clemente Nunez: vanessa.clementenunez@worldline.com

x

x

ユースケース2のプロダクトシートをダウンロード

x

x

最新のユースケース2ビデオを見る

Date 24/09/2018
Category use-cases

Enter your keyword

X